美女の本音

女性にモテたいと思うなら
女性の本音を聞くのが一番だ。

 

・女性にとって嫌なナンパは何か?
・女性にとって楽しい会話は何か?
・初対面の男性の何処を見るか?
これら質問に対する女性の本音を聞くことができれば
女性にモテることができる。

 

しかしこれら女性の本音は
なかなか聞く機会が無い。

 

美女の本音

 

そこで武田和也が医療事務女性に質問をし
それに本音で答えてもらった。

 

このレポートでは
1. ストリートナンパに関する本音
2. 会話に関する本音
3. 男性に関する本音
の3 つの本音に関する
武田和也と女性との対話をまとめた。

ストリートンナンパに関する本音

1. 嫌なナンパは何か
武田「嫌なナンパってどんなのあった?」
女性「家の近くまでついてくる」
武田「家の近くまでついてくる?」
女性「ついてくる」
「ひたすらなんか声かけながら」
「なんだろう、番号教えてみたいな」
「ごはん食べに行こうよ的な感じでずっと引き下がらずに」
「ずっとこう、無視してても」

 

美女の本音

 

「家の近くのコンビニくらいまでずっとついてきたりとかして」
武田「じゃあ何、しつこいんだ」
女性「そうだね」
武田「ひたすらついてくるとか」
女性「ごめんなさいって言っても全然引き下がらないのはしんどいかな」
武田「あと何かあった?それ以外で」
女性「以外で」
「やたらと触ってくるじゃないけど、肩とか」
武田「うそ、ボディタッチ?」
女性「ボディタッチ、なんかこう、ねえねえとか」
「ちょっと触らないで欲しいな」
武田「それはちょっとないな」
女性「そうだね」

良いナンパは何か

武田「逆にこういう声のかけられ方だったらいいよってのは?」
女性「うーん、難しいね、声のかけられ方、無難じゃないけど」
「ナンパってこう何かイメージ的に」
「そんなに良いイメージそこまで女の子」
「持ってない気がするんだけど」
「でも道聞かれたりしたうえでの」
「なんか実はだったら、まだあーみたいな」

 

美女の本音

 

武田「ようは最初の第一声からもうおまえナンパかよ」
女性「うんうん」
武田「すいませんちょっといいですか」
「という感じではなく自然と」
女性「困っている感じから入るほうが」
「まだどうしたんですかって感じになって」
「なんかちょっとこうね」
「道聞かれたうえで、ちょっとご飯行きませんか」
武田「なるほどね、自然な感じで声かけられたほうが受け入れやすい」
女性「うん、そのまま話してしまうこともあるよね」

どんな雰囲気の人に声をかけられると可能性があるか

武田「どんな雰囲気の人だったら可能性あるか?」
女性「どんな雰囲気?」
武田「いかにも、やり目的だよみたいなオーラーで来られたら」
女性「あーちょっと厳しいね」
武田「違うでしょ?」
女性「とりあえずチャラチャラしている人はまずちょっと厳しいかな」
「声かけてくるってことってさ、軽いノリの部分があるから」
「何か普通の、普通な感じのほうが逆に」
武田「自然な感じ?」
女性「うんうん」
武田「だから違和感なく」
女性「そうそう、服装とかもきっちと清潔感がある感じ」
武田「清潔感ね」
女性「そうそうスーツだったりとかね」
武田「たぶんキャッチとかだったら」
「いかにも物売ってきそうな怪しい雰囲気」

 

美女の本音

 

女性「そうそうそう壺売られそうみたいな」
武田「そうね、高い壺買いませんかって感じか」
女性「そうそう何かどっか引き込まれちゃってとか」
武田「そういうのじゃなくて自然な感じ」
「普通に堂々と声かけらるとまだ」
女性「まだ見た目的なものでいうとね」
武田「まだ受け入れやすいって感じか」
「あとルックスって関係ある?例えば身長低いとかブサイクとか」
女性「いや」
武田「一般的にみたらルックス悪い人が声かけてきたらどうだ」
女性「どうだろう、人それぞれだと思うんだけどね」
「私はあまり気にならない」
武田「あまり関係ない」
「ようはその人がその人らしい雰囲気持っていれば」
「身長低かろうが、ルックス悪かろうが関係なくて」
「男性としての雰囲気を持っていれば関係ないかな」

女性「そうだね」

会話に関する本音

1. つまらない男性との会話は何か
武田「退屈に感じる男性との会話は何か?」
女性「こっちがすごくしゃべらなければならない時」
武田「気を使って?」
女性「相手がこない、一様質問してくれるんだけど」
「こっちが返したら終わりみたいな」
武田「一回キャッチボールしたら終わりみたいな?」
女性「そうそう、質問しても、あーうーんとなると」
「会話がちゃんと成立しない」
「相手も話してくれて質問もしてくれて引き出してくれると」
「会話が弾むじゃない」
武田「何か尋問みたいな感じ?」
女性「尋問というより無反応じゃないけど」
「反応がいまいちな感じだとちょっとしんどいな」
武田「会話が広がらないって感じ?」
女性「そうそう、もっと相手がいろいろと質問してくるといいんだけど」

「こっちが頑張らないといけないとちょっとしんどいかな」
「こっちも頑張るんだけどお互いにはずませられるといいな」

楽しい男性との会話は何か

武田「話していて楽しい会話はどんな感じ?」
女性「いろいろ質問してくれて聞き出してくれる」
「聞き出し上手というか」
武田「ようは男性側がうまく引き出してくれるってこと」
女性「そう、そのほうがうれしい」
武田「リードしてくれるっていうイメージかな」
女性「うん」
武田「そして自分の話したいことを話させてくれる」
女性「そう、そして自分も質問したらちゃんと返してくる人」
武田「男性側がリードしてくれて」
「女性側がメインという形にすると話していて楽しいかな?」
女性「うん、楽しいと思う」
武田「で女性から聞きたいことがあったら」
「そこでちゃんと返してくれて」
武田「会話がどんどん広がって盛り上がる感じが楽しいかな」
女性「楽しい感じかな、そうだね」

どんな話し方(声の大きさ、トーン、スピード、表情)が好きか

武田「どんな話し方、大きさ、トーン、表情が好きか?」
女性「むすっとしているよりは穏やかなとか明るい感じとかが話しやすい」
武田「声の大きさとかトーンは何かある?」
女性「うるさすぎず、あーでも飲み会とか席にもよるよね」
「飲み会だったら盛り上げてくれる方が」
武田「その場所に応じた適切なヴォリュームで話してくれるといい?」
女性「あまり大きすぎても、ギャーギャー大声出しているよりは」
「穏やかというか、楽しめるときは楽しめる」
武田「あと声のトーンってある?」
「何かトーンが高すぎるのはちょっときつい?」
女性「そうだな、でもかわいいという人もいるんだろうけどね」
「でもそこで会話の内容がしっかりしているとギャップがあって」
「またね、受け入れ方が違うのかもしれないね」

初対面の男性のどこをチェックするか

武田「初対面の男性のどこをチェックするか?」
女性「全部(笑)」
武田「全部?どんな感じ?」
女性「結構でも女の子ってまんべんなく全部見てる気がする」
武田「それまずは外見なところから」
女性「外見的な感じは背丈から髪の毛だったら顔の雰囲気」
「体の雰囲気、服装、足元とか結構まんべんなく見るかな」
「女の人のほうが視野が広いから」
「たぶんいろいろ見れちゃうんだよね」
武田「つめとか見る?」
女性「近くなったら見るかもしれない」
武田「雰囲気も見る?」
女性「うんうん、オラオラ系とかね、ちょっとこわそうかなとかね」
武田「この人どういう性格なんだろうとか?」
女性「それも見ると思う、気になっていれば」
「気になれば、ロックオンじゃないけど、どんな人なんだろうって」

「しゃべってみた雰囲気、話し方」
武田「たぶんそこ男性と違うんだろうな」
女性「食べ方とか」
武田「食べ方とかも見るんだ」
女性「うーん、見る子は見ると思う、お箸の持ち方とか」
「女の子が気にする部分は見てるはず」
武田「食べ方が汚いとちょっとうーんと思う?」
女性「そうだな、女の子同士でも見るんだよね食べ方とかって」
武田「普通に食べる分にはいいんでしょ?」
女性「そう普通にぱーと食べる分には男らしいなと思うんだよね」
「食べながら話してるとか、くっちゃくちゃ言ったりすると」
「飲み込んでからでもいいよって」
武田「くちゃくちゃしないでねって」
女性「そうそうそう全部飲み込んでからしゃべっていいんだよって思う」

自信のある男性は好きか

武田「自信のある男性は好きか?」
女性「いやみのない自信だったらいいかな」
武田「いやみのない自信?」
女性「男らしさが全面に出ているといいんだけど」
「自慢話しかしない人?」
武田「おれさーみたいな?」
女性「そうそうそう、ポルシェ乗っててとか、」
「全身アルマーニなんだぜとか言われるとちょっと」
武田「そうじゃなくて、立ち振る舞いとか」
女性「そうそう、それは自信もっていてくれたほうが、」
「頼りがいありそうだなと思う」
武田「自然に出てくる感じかな?」
女性「そうだね」
武田「そういう人との接し方とかさ」
女性「言葉とかじゃなくて、雰囲気に自信が出ていると」
武田「ものに依存するのではなく」

女性「そうそう」
武田「男性自身に自信を持って」
女性「そうそう、おどおどしてないというか、」
「俺なんてって卑下してない人のほうが魅力があるかな」
武田「なるほどね」

 

女性がよくいう「優しい男性」の優しさとは具体的にどのようなものか

武田「女性が言う優しい男性の優しさってどういうところ?」
女性「難しいね」
武田「まあな」
女性「みんな優しいって言うもんね」
「だいたい女の子はそう、優しい人が好きって言うの」
「でも優しいだけじゃ物足りないと言うんだよね」
武田「バランスでしょきっと?」
女性「優しくないよりは優しいほうがいいんだけど」
「気づかいができる人、女の子に対して気づかいができる人」
「ありがとうとか、ごめんねとか、そういうことが」
「ちゃんと言える人が素敵だよね」
「厳しいことちゃんと言ってくれたり、」
「悩んでいる時にアドバイスくれるといいよね」
武田「ただ優しくすればいいってわけじゃないでしょ?」
女性「なんでもいいよ、いいよは、あまり」
武田「それは女の子がわがままになっちゃうからね」

女性「そうそう、最初はいいんだけどね、そこから慣れてしまって」
「ちょっと下に見ちゃうじゃないけど、」
「男の人は尊敬できる人の方が女の子はいいんじゃないかな」
武田「ちゃんとしかってくれる時はしかってくれるし」
「悩んでいるときとか支えて欲しい時はそばにいてくれたり」

 

美女の本音

 

女性「そうそう」
武田「そういうバランスでしょ?」
女性「そう、バランス大事だね」
武田「飴とムチじゃないどね」
女性「そうそうそう」
武田「あと水与えすぎても花枯れちゃうし」
女性「そうだね水浸しになっちゃう」
武田「逆にあげなさすぎると枯れちゃうし」
女性「そう寂しくなっちゃうしね」
武田「乾かしつつ、潤しつつのバランス」
女性「それが大事だと思う」
武田「そう言った意味だと毎回ただ優しくするんじゃなくて」
「女性が本当に望んでいる時に優しくしてくれるスタンスの方が」
「バランスが取れるかな」
女性「そうだね」
「美女の本音」は以上。

このサイト良いですよ、